2020年6月11日(木)の生活記録

生活記録
スポンサーリンク

生活記録194日目。

東京アラート発動から10日。

今日は出社。

明日は在宅勤務。

今日も業務に対するモチベーションは上がらなかった。

コロナショック発生当初はもっと暇になると考えていたが、仕事量は全く変わらなかった。

仕事が無くなって倒産するよりは良いか。

収入と支出

●本日の収入:0円

●本日の支出:2,160円

<内訳>
昼食980円
業務中の飲み物147円
夜食1,033円

今日も食費がかさんだ。

6月は手取りから10万円残したい。

運動

これからジムに行く。

30分以上、ウォーキングしようと思う。

デスクワークで固まった体をほぐそうと思う。

スポンサーリンク

投資

昨日はダウ平均が282.31ドル下落。

米連邦準備制度理事会(FRB)による連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて、利益確定の売りが優勢となり下落。

FRBが、政策金利を据え置き、当面実質ゼロ金利政策を据え置く方針を示すと、一時上昇に転じたものの買いは続かず下落。

経済の見通しにも言及。

国内総生産(GDP)は今年6.5%縮小するとしたほか、失業率は年末時点で9.3%になるとの見通しを示した。

今日も下落するのかな。

その他特記事項

残業ありきの給料で考えてはいけない。

残業無しでどれくらい給料がもらえるのか。

残業無しベースで考える必要がある。

残業代を除くと年収が100万円以上下がる。

転職先を検討する時に給料は重要な要素だ。

残業無しベースで比較検討しようと思う。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました