2020年10月の生活記録まとめ

生活記録
スポンサーリンク

2020(令和2)年10月の生活記録をまとめた。

2020年10月も、中国共産党による新型コロナウィルス感染拡大のせいで世界が苦しんでいる。

11月もこの状況は変わらないだろう。

日本では、国民はコロナウィルス感染拡大下での生活に慣れてきた印象があるが、経済への影響はまだ未知数。

私の取引先で倒産した会社は無く、業界によって影響の濃淡があると感じている。

私個人への影響という意味では、来年夏の賞与が間違いなく減額になるので、それは覚悟しておこう。

2020年11月は、米国大統領選挙という一大イベントがある。

中国共産党という悪魔・モンスターに魂を売った売●奴オバマとバイデンの尻拭いをしているトランプ大統領の再選を祈る。

私は一貫してトランプ大統領が再選されると書いてきたが、現実になってもらわなければ困る。

世界中の民主主義国家のために中国共産党をこの世から消滅させなければならず、それができるのは米国だけ。

その米国が、中国共産党の犬に成り下がった売●奴に指導されるというのは悪夢でしかない。

日本のメディアも、中国共産党の宣伝組織に成り下がっており、事実を歪曲して報道しているだけで、現実は彼らが報じるものとは全く別のものだろう。

米国国民が正しい判断をすると信じている。

スポンサーリンク

2020年10月運動記録


スポンサーリンク

10月は2日間ジムを休んでしまった。

ジムでの運動は年中欠かせないが、涼しくなってきてからのジムでの運動は至高。

ジムで運動後にシャワーを浴びて、涼しい夜風を浴びながら歩いて家に帰るのは最高の気分転換。

11月も無理しない範囲で運動する。

スポンサーリンク

2020年10月収支報告


スポンサーリンク

2020年10月は、手取りから投資余力として18万円残せた。

手取りが38万5千円で、残せたのが18万円ということは、生活コストが20万円を超えている。

生活コストが手取りの半分以上というのは改善の余地あり。

家賃が約11万円で、コストの半分を占めている。

やっぱり、もう少し家賃が低いマンションに引越そうかな。

スポンサーリンク

2020年10月受取り配当報告


スポンサーリンク

2020年10月の受取り配当は約8万7千円。

手取りの残りと合わせて、今月は投資余力が約26万7千円増えた。

少額ながら11月も受取り配当が入ってくる。

投資機会が来るまでは、ひたすら投資余力を蓄積。

スポンサーリンク
2020年10月投資実績


スポンサーリンク

2020年10月は追加投資無し。

11月は米国大統領選挙後の混乱や新型コロナウィルス感染再拡大によって、株価が下落する局面があるだろう。

市場がどう動こうと、1、2月の大失敗から得た教訓を生かして、冷静に行動したい。


スポンサーリンク

RDS.B、HSBC、WBK、CHLの株価が上がったら、売却したい。

クソ株を大量に買い込んでしまった自分を叱りつけたい。

スポンサーリンク
最後に

2020年10月も、中国共産党という悪魔・モンスターによって世界中にばら撒かれた新型コロナウィルス感染拡大で、人生を狂わされた人が増えた。

そして、2020年10月は、中国共産党だけでなく、人間の皮を被った悪魔・モンスター達のなりふり構わない攻撃が勢いを増した。

2020年11月は歴史に刻まれることになるだろう。

正義が勝つか、悪魔・モンスターが勝つか。

人間の皮を被った悪魔・モンスター達に制裁が下ることを心の底から願う。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました