2020年11月の生活記録まとめ

生活記録
スポンサーリンク

2020(令和2)年11月の生活記録をまとめた。

2020(令和2)年11月も、中国発の新型コロナウィルスにより、世界中が苦しんでいる。

中国のせいで人生が変わってしまった人が世界中に溢れている。

トランプ大統領には再選してもらって、あと4年間の任期で中国共産党の崩壊と中国共産党の犬に成り下がっている各国の政治家、企業や組織をこの世から一掃を実現してもらいたい。

自国が何もできず歯がゆいが、トランプ大統領率いる米国しか中国共産党に対抗できる勢力が存在しないというのが事実、

米国国内の多くの組織の腐敗(共産主義化・極端な左翼化)や中国共産党を中心とした外国勢力の妨害などの不正をはねのけて、トランプ大統領が再選されることを祈る。

スポンサーリンク

2020年11月運動記録


スポンサーリンク

2020年11月は、毎日30分以上運動した。

心身ともに健康に生きるために運動は欠かせない。

12月も無理しない範囲で運動する。

スポンサーリンク

2020年11月収支報告


スポンサーリンク

2020(令和2)年11月は、手取りから投資余力として20万2千円を残すことができた。

1月20万の貯蓄は、1つの目標なので実現できて良かった。

11月と比べて手取りが下がるが、12月も手取りから投資余力として20万円残すことを1つの目標に過ごそうと思う。

スポンサーリンク

2020年11月受取り配当報告


スポンサーリンク

2020(令和2)年11月の受取り配当は約6万7千円。

11月の受取り配当は約6万7千円と多くはないが、労働収入で同額を稼ぐのは非常に難易度が高い。

受取り配当は貴重な収入源。

スポンサーリンク
2020年11月投資実績


スポンサーリンク

2020(令和2)年11月も追加投資の機会は来なかった。

11月は、手取りから貯蓄に回せた分と受取り配当を合わせて、投資余力が約27万円増加した。

12月も追加投資の機会は来なさそうなので、機会を伺いながら投資余力を蓄積する。


スポンサーリンク

RDS.B、WBK、XOM、HSBC、CHLの株価が上昇したら、売却しようと思う。

2020年1、2月の大量投資は完全な失敗に終わった。

その失敗から学べることはあったが、授業料は高くついた。

次の投資機会が来たら、蓄積している投資余力を有効活用したい。

スポンサーリンク
最後に

中国共産党により人生が変わってしまった多くの人々。

虐〇、臓器狩り、迫害や人権侵害、そして、世界中に甚大な被害を与えたコロナウィルスの流行。

いつか中国共産党とそれに関わった全ての者が裁かれることを切に願う。

2020年もあと1月。

まずは、トランプ大統領が再選されることを願う。

不正が無ければ、今頃、圧勝して2期目をスムーズに始めるための準備を進めていただろう。

12月も一喜一憂することがあるだろうが、戦局を見届けようと思う。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました